歌ってくれる電子ピアノ!?CASIOの「CT-S1000V」をご紹介いたします!

電子ピアノは遂に歌ってくれる時代に。あなたのアイディアを存分に引き出すことが出来ます!

どうもどうも!ottoのイッキでございます!

ピアノが歌うってどういうこと!?と思っている方もちろんいると思います。
遂にottoもアホなことを言い始めたなと思ったそこのあなた!ちょっと寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

 

とにかくちょっと長いですがこの動画を見てみて下さい。冒頭をすこ~~~し見ていただければその意味が分かるはずです。

どうでしたか!?つまり、

「そういう事です(笑)」

自分で作った歌詞を読みこんで鍵盤を弾けばなんとその歌詞通りにピアノが演奏をしてくれるのです!なななななんとこれはかなり驚きですね!

 

「ボーカロイド」というものが一時期はやり、今では音楽ジャンルの一つにもなっておりますがそのようなことがライブ、リアルタイムで演奏して行えるという事なのです!

よりリアリティを追及したこだわりのサウンド!

Vocal Synthesisを実現したのは、プロのミュージシャンからも定評のあるカシオの最高峰・最先端技術を結集したAiX音源です。Vocal Synthesisで活躍する歌声音色はもちろん、楽器としての“音”にこだわり、表現力を追求した多彩な楽器音色を内蔵しています。AiX音源のポテンシャルを最大限に活かした、斬新で高い表現力を誇る「ADVANCED TONES」や、カシオ歴代のキーボード・シンセサイザーの音色を厳選して収録した「CASIO CLASSIC TONES」など900種類の音色をお楽しみください。

スピーカーも搭載!これ一台で完璧に演奏をすることが出来ます!

カシオ独自の技術で進化したスピーカーユニットを搭載しているCT-S1000V。独自のバスレフ機構「Horizontal Bass-Reflex System(水平型バスレフスピーカーシステム)」を採用し、迫力ある低音を実現しました。音の広がりを体感できるサラウンド機能や音量に合わせて音質を自動調整する「ボリュームシンクイコライザー」機能により、小さい音でもしっかりとした響きが耳に届きます。楽器本来の豊かな「鳴り」、コンパクトなサイズからは想像できない、パワフルなサウンドを体験してください。

歌詞には専用アプリ「Lyric Creator」を使用。特別な知識はいりません!

Vocal Synthesisは、歌詞と声色の情報を組み合わせて歌声を生み出します。歌詞はCT-S1000Vにあらかじめ内蔵されている100種類に加えて、専用アプリを使うとオリジナルのものを作成・保存することも可能です。ボーカルの音色(ボーカリスト)はさまざまなキャラクターの22種類をプリセット。各ボーカリストは年齢や性別、ビブラートのかけ方などを、操作パネルのノブで演奏をしながら変化させることができます。さらに、より自分らしい歌声演奏をするための機能も充実。アタックタイム、モジュレーションなどのパラメーター調整や多彩なエフェクト、アルペジエーター、鍵盤を押したままで自動的に鍵盤連打の効果が得られるリトリガー機能などを駆使し、自分だけの歌声演奏を楽しむことができます。専用アプリ「Lyric Creator」を使うと、歌詞の入力や日本語・英語をベースにした詳細な発音編集、いくつかの歌詞フレーズを組み合わせて曲として演奏できるシーケンスデータの作成、好きなオーディオデータからのオリジナルボーカリスト作成なども可能です。

 

「Lyric Creator」に関してはコチラから

アイディアの追及にはいかにアウトプットできるかが肝心!

歌詞を思いついたり、メロディを思いついたり。結構思いつくのって簡単なんですよね。
でも結局それを形に出来ずにどんどん遠のいて作れなくなってしまいます。

なのでアイディアをすぐに形にしてアウトプットする事ってとっても大事なのです!

このCASIOのCT-S1000Vは音楽クリエイターにとって絶対最強の味方になると思います!
頭に浮かんだものをそのまま形にしてくれるアイテムです。

バンドの方、DJの方、ジャズクラシックの方!ぜひご覧になってみて下さいませ!

 

商品の詳細、購入はコチラから!