🎼価格別!おすすめ電子ピアノ🎹50万円〜100万円編♬

皆さまこんにちは、カヨです。

色々種類あり過ぎ電子ピアノ。

どのピアノを選べ良いか悩んでいる方に、価格別におすすめ電子ピアノを

ご紹介いたします!

価格別!おすすめ電子ピアノ5万円以下編♬

価格別!おすすめ電子ピアノ5万円〜10万円編♬

価格別!おすすめ電子ピアノ10万円〜20万円編♬

価格別!おすすめ電子ピアノ20万円〜30万円編♬

価格別!おすすめ電子ピアノ30万円〜50万円編♬

に続き、今回は50万円〜いっきに100万円のおすすめ電子ピアノのご紹介です✨

🎼50万円〜100万円おすすめ電子ピアノ

Dexibell / VIVO H10

Dexibell(デキシーベル)はイタリアの自社工場にて設計・開発からデザイン、

製造まで全てハンドメイドの、🇮🇹made in ITALY🇮🇹

そのこだわりは見た目の美しさだけではなく、『音』にものすごーくこだわっています。

独自に開発されたT2Lモデリング

■T2Lモデリングとは?

T2Lモデリングとは、サンプリング技術とモデリング技術を統合した

新いテクノロジーによるものです。

一般的にCD音質は16bit/44.1kHzですが、T2Lは24bit/48kHzのサンプリング素材と

DAコンバーターが採用されています。

また、電子ピアノの性能の1つに「同時発音数」と呼ばれるものがあります。

こちらは簡単に言えば、同時にいくつの音が鳴らせるのかを表しているですが

高価格帯モデルも256音が最大となっているケースが多い中、Dexibellはなんと

無制限!!!

グランドピアノやアップライトといったアコースティックピアノを普段から弾かれている方なら

感じたことがあるかもしれない音の「共鳴」の物足りなさ。

これは、こう言った同時発音数が関係しています。

実質的な無制限同時発音数を鳴らせることにより、限りなくアコースティックに近くなります。

そしてXXLサンプル・レングス。

XXLサンプル・レングスとは、例えばDexibellの低音域のサンプルは、最長で15秒。

収録されているサンプル全体では、現在市販されている同等製品の3〜15倍も長く

音の残響をループで表現することなく、ロングサンプリングを用いることで驚くべき

リアリズムと倍音が再現されています。

こう言った細かな技術のデジタル部分が、アコースティックピアノに限りなく近い

アナログさをもたらすことにより、弾き手は「あの感覚」でピアノを弾くことができます。

よりアコースティック感覚をお求めの方に私カヨの1番おすすめの電子ピアノです🎹✨

Roland / GP-609

グランド型電子ピアノ。

こちら、ご来店いただいたお客様が「これも電子なの!?」と1番驚かれるピアノ。

Rolandのデジタル技術を駆使して、全弦をモデリングされていて

7つのスピーカーによるマルチ・スピーカー・システムにより音も綺麗で

グランド屋根の開きで広がりも調整できます。

Dexibell VIVO H10 & Roland GP-609

🎼どんな電子ピアノもご相談ください

価格別によってご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

当店のスタッフは全員ピアノを『専門』としています。

各メーカーの違いはもちろん、アコースティックと電子の違い、弾き心地も把握。

電子ピアノは、価格も様々、用途も様々。

お客様によって求めるものが違うので、一概にこのピアノが1番です!

とは言えません。

お客様お一人お一人にとって、最良の電子ピアノをご提案させていただいておりますので

ぜひお気軽にご相談くださいませ。

皆さまのご来店、心よりお待ちしております♪♪


今回は【価格別】でご紹介していきましたが、次回は【用途別】【求めるライン】

などをテーマにご紹介していきたいと思います!

ぜひお楽しみ〜♪♪